Mar 22, 2006

家族の風景


ゼミ室に着いて、一人の時には、必ずと言っていいほど、最初にハナレグミの『家族の風景』を流していました。 何でだろう・・・あの空間にスゲー馴染むからなんかなあ・・皆でご飯作ったり、呑んだり、話したり、誕生日会とかしてきた場だったから、学校にある家みたいなもので、おっかなくてオモロいお酒が大好きなファザーがいて、料理の出来るフライパンマザーたちがいて、とにかく同じ時間を共にしていた。 
人が集まれる空間って良いなって思います。
学校にしても家にしても駅にしてもパチンコ屋さんにしても・・・。
そこにはそこだけの何かしらの風景があって、その場のものとして溶け込んでいるから。
その中で自分が自然に馴染める場所が居場所になっていくんだろうって思います。
OKaz


Posted in 月ノ冬No Comments » 

関連記事

Comment





Comment