Mar 29, 2006

何気ない日々


昨日、雪山から無事帰ってまいりました[:バス:]
スキー場での三日間は最終日以外、天候にも恵まれて、楽しくワイワイ滑れました!!
夜の宴ではすぐにダウンしてしまいまして、ご迷惑おかけしました[:しょんぼり:]寝ない!!と豪語していたのに・・・。 4月間近のスキー場は思っていたよりも暑く、雪も融けてドロドロな感じでありました。けど、ナイターで滑ると気温が一気に下がるから、そのドロドロ凸凹な雪が固まり始めて、ガリガリな雪に様変わり、もう滑るどころじゃなかったですたい[:ゆき:]
最終日も相変わらずの天気だったので、調子に乗って、仲間とシャツ姿でゲレンデに乗り込んで滑っていたのですが・・・ゴンドラで頂上(1800mぐらい)まで行ってみたら、急に曇りーの、強風吹きーので、もう氷点下の世界で。。寒いと言うより身体が痛かった[:強風:]
そんなこんなで、日々は過ぎて、楽しくて痛い、学生最後の旅行は幕を閉じたのでした・・・。
帰宅後、内定先の会社から郵便が届いていて、書類を確認してみると、研修の詳細が示されていました。 
そこで愕然[:冷や汗:]
面接の時、担当官は、「本社(京都)での研修は3日ぐらいだから!」と言っていたのに、正式な書類には、その4倍の12日間になってるし!! 帰宅早々、唖然としちゃった・・・スーツとか一着しかないし、本社どこにあるのか分からないし、絶対迷子になるし・・けど、京都弁のカワイイ女の子に会えるのならば!と気分を一転して、只今モノとキモチの準備を万端にしようと励んでおります。
今日は、近くのおばあちゃん家に久しぶりに行ってきた。
コーンスープとチョコと余り物の和菓子を貰って、パクパク食べて、普通のお話をして・・・・・それでも、おばあちゃんは楽しそうで、だからこっちも楽しくなってきて、ゆっくりとした時間を過ごせました。 
足の悪いおばあちゃんが突然立ち上がったと思ったら、財布からお金をとり出して、就職祝いねと言って、くれた2万円。。。「そんなのいいから!!」と拒む僕の手を振り払って、力強く手の中に押し込んだチカラはとても強くて、強くて・・・ちょっと驚いた表情でおばあちゃんを暫し見ていました。 「年金生活だから、これぐらいしかあげられないけど」と言って、くれたお金を僕はどう使おうか考え中・・・とりあえず、年金はしっかり払っていこうと決めました。
その帰り道、またまたハッスルなおばちゃんと出会いまして・・・
僕が駅の改札に上るエレベーターに乗ったら、後ろから四輪(初めて見た[:自転車:])のママチャリに股がった、威勢のイイおばちゃんが突っ込んできて、「ちょっと入れて!!」と一声。
大きな荷物を持っていた僕におかまいなしで、乗り込んできて、ギリギリピットイン!!
ちょうど縦長のエレベーターだったから、おばちゃんチャリはジャストに詰め込まれて、そのまま上へまっしぐらでありました・・・おばちゃんはチャリに乗ったまま切符売り場を走り、反対側の街へと直走って行きました[:拍手:] ありゃ、毎日やってるんだな。日本のおばちゃんはまだまだ元気一杯で、自分の住む場所で、自分らしく・楽しく生きているんだなって思いました。
こりゃー負けてられんわい!!
OKaz


Posted in 月ノ冬No Comments » 

関連記事

Comment





Comment